FC2ブログ

春探し、リベンジ。

►2019/04/13 06:16 



前回訪れた時は全く咲いていなかった菜の花。

その後の様子を見に行くことに。

というわけで鼻高展望花の丘。

DSC03445.jpg


DSC03261.jpg


DSC03312_20190411231522f2b.jpg


DSC03336.jpg


DSC03394.jpg

8分咲き、という印象。

好みの空で写真が撮れたので満足。

満開ではなかったため、最後は景色をひとり占めだった。





ネモフィラも咲いていたのでパチリ。

DSC03435.jpg





スポンサーサイト

180SX.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2019年、桜。

►2019/04/12 06:02 



今年も桜の季節になったのでいつもの桜を見てきた。

今年から2人になった花見。

ふうに桜を見せるために座らせた瞬間、目の前の枯草に興味津々で夢中でむしっていた。

DSC03157.jpg



DSC03223.jpg



DSC03217.jpg



DSC03126.jpg



DSC03096.jpg



DSC03029.jpg



DSC03069_201904112304201f1.jpg

なぜか今年はキジと猫がいた。

そしてわかりにくいが、最後のわんえいてぃーは猫とツーショット。




今年の空は私好みだったのでとても満足した撮影となった。


180SX.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2018.6.8.9-北海道10。

►2019/04/11 06:12 



北海道最終日、夕方に小樽から発つ。

帯広から高速を使って寄り道をしつつ小樽を目指す。

…予定だったが。

天気は雨。

どこへ行っても雨予報。

どこも立ち寄る気になれず…残っていた写真は有珠山SAから。

DSC02763.jpg

ここでお昼ご飯を食べたが、写真は残っておらず。






次に立ち寄ったのは、サイロ展望台。

DSC02811.jpg

天気のせいか貸し切り状態。

DSC02798.jpg

何度か訪れているが一度も晴れているときに来たことがない洞爺湖。








ここからは京極町や倶知安町を経由して小樽へ。

観光せずに来たので出航時間より大分前に小樽港到着。

DSC02816.jpg

帰りも低床車のところ。

前に停めていたセリカの方と談笑した。







定刻に小樽港出港。

DSC02822.jpg

どんより空。






あいにくの空のため特に写真を撮ることもなく出港後部屋に引きこもり、
記録に残っていたのは翌日9日の朝。

DSC02826.jpg

やっぱり今日もどんより空。

DSC02828.jpg

天気が悪いせいかロビーに誰もいない。




その後、定刻に新潟港に到着。

車に乗る前にまたセリカの方たちとお会いしたのでしばらく話し、お別れした。








新潟港に着いた後はひたすら車を走らせ、家に到着。


そんな北海道の旅。



旅-北海道地方.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2018.6.7-北海道9。

►2019/04/10 06:24 



ここからは鍵を返しに行きながら観光。

さきほど見たばかりだが帰り道にあるのでタウシュベツ展望台へ行ってみる。

DSC02542_20190410212614d21.jpg

道沿いに車を停めて歩いていく。

DSC02538.jpg

遠目からのタウシュベツ橋梁。

ついさっきまで近くで見ていたので感動は薄め。







次に向かうはナイタイ高原牧場。

DSC02597.jpg

こちらも何度も来ている場所。

ナイタイ高原牧場も素敵だが、牧場へ行くまでの道が大好きで窓を全開にして走るのがお気に入り。







次に訪れたのは十勝牧場の白樺並木。

DSC02662.jpg

さくっとツーショットを撮って十勝西部森林管理署東大雪支署へ鍵を返しに行った。







雲が多くなってきたがここまで来たので新嵐山スカイパーク展望台へ。

DSC02691.jpg

実ははじめましての新嵐山スカイパーク展望台 。

前回行こうとしたが、下準備を怠ったため場所がわからずじまいだった。

今回は無事に到着。

DSC02701.jpg

広大な十勝平野を楽しむことが出来る。

晴れていればもっと感動したと思うが、この景色をひとり占めできているだけで満足ということにしておく。

DSC02703.jpg

ズームにすると牛発見。








新嵐山スカイパーク展望台のあとは帯広駅近くに宿を予約しているので向かう。

DSC02751_20190410212623e8f.jpg

チェックインしたあと、豚丼を食べるため駅方面へ行ってみる。
そこでポケモンGOを開くとあと10分で駅で5玉のレイドが始まるとのこと。

レイド場所付近には人が不自然にたくさん、送迎の雰囲気ではない車もちらほら。

豚丼を食べにいく以外に用事もないのでレイドバトルをすることに。

結果、無事ホウオウをゲット。

色違いではなかったが、北海道産のホウオウなのでおおむね満足。







ここからは本当の目的である豚丼のぱんちょうさんへ。

DSC02755.jpg

閉店30分ほど前に入店するがウエイト。

DSC_0095_1.jpg

その後案内され運ばれてきた豚丼。

味は…間違いない味、というかおいしくないわけがない。

豚丼を食べた後は宿に戻り4日目終了。





旅-北海道地方.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

2018.6.7-北海道8。

►2019/04/09 06:32 



4日目、今回の旅はこのために来たと言っても過言ではないタウシュベツ橋梁へ。



タウシュベツ橋梁は旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群の中の1つ。

冬に湖面に姿を現し、6月頃から沈み始めてしまう期間限定で見られる橋。

冬には水面が凍り氷面が下がった時に柱を削ってしまい崩壊崩落が進んでいるらしい。

崩落が進み、そろそろ見納めかもしれないという話を聞き、去年みっちゃんと行ったのだが天気が微妙すぎて以下略。



はてさて、タウシュベツ橋梁を見るには3つの方法がある。

①タウシュベツ展望台から見る 
②NPO法人ひがし大雪自然ガイドセンターの有料ツアーを利用する
③十勝西部森林管理署東大雪支署で許可証をもらい、車で行く




去年の夏、みっちゃんと行ったときは③だったので今回も③で。






許可証をもらうために十勝西部森林管理署東大雪支署へ。

DSC02295.jpg

職員の方から説明を受け、許可証をもらう。

DSC02529.jpg

無事にげっと。

ここからタウシュベツ橋梁へ向かう。




…の前に少し寄り道。

DSC02334.jpg

せっかく近くまで来たのだから足をのばしてみた。

三国峠と言ったらこの景色。

何度見ても素敵。

ちなみにこの橋は「松見大橋」というのだとか。






景色を楽しんだ後はいよいよタウシュベツ橋梁へ。

とても入口はわかりにくい。

上士幌から来た場合、丸山橋のすぐ先を右折する。(道はダート)

するとすぐにゲートが出てくる。

DSC02350.jpg

鍵を開ける。

DSC02355.jpg

ここから約4キロ未舗装路を走行。

DSC02362.jpg

去年の夏に訪れた時に比べ、道がフラットになっていた。

DSC02371.jpg

駐車場は2か所あり、結構広め。

DSC02373.jpg

駐車場の目の前に遊歩道があるので歩いていくと…。

DSC02388.jpg

タウシュベツ橋梁。

DSC02403.jpg

湖畔。

DSC02405.jpg

無風の早朝時ではないので水面は鏡にならず。

DSC02420.jpg

横から見てみる。

DSC02435.jpg

水がないところはなんだか果てを感じさせる雰囲気。

DSC02456.jpg

痛みが激しい。

DSC02474.jpg

念願の青空で見られたタウシュベツ橋梁。

時の流れを感じさせる雰囲気に妙に惹きつけられ、気づけば時間を忘れて眺めていた。





私が訪れたとき誰もいなかったが途中から1人やってきた。

その方は座ってコーヒーを淹れて景色を楽しんでいた。

景色を見ながらコーヒー、素敵な時間の過ごし方。

私もいつかそんな風に過ごしてみたい。



ちなみに携帯は圏外。






なんだかんだ1時間以上滞在し満足したのでタウシュベツ橋梁をあとにする。

DSC02522.jpg

往復8キロのダートでわんえいてぃーまっしろしろ。





旅-北海道地方.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲