FC2ブログ

ママと呼んでほしくて。

►2020/06/07 23:22 



ブログを書きたいが、ネタがない。

…というわけでたまには娘のことでも。




子供が親を呼ぶとき、なんて言われているのだろうか。

一般的には、お父さんお母さん、パパママだと思う。

娘が生まれた時、なんて呼ばせようか、という話になった。

これは私個人の偏見なのだが、パパママは若くてキラキラしていている感じ。

私にはとてもハードルが高く、パパママと呼んでもらうことは諦め、お父さんお母さんに決定。

しばらくは娘に話しかけるとき、お父さんお母さんで過ごしていた。




…が、娘が4か月ごろ、ある欲が出てくる。

こんなにずっと一緒にいるのだから、一番最初に「ママ」と呼んでほしい。

…しかし、幼児語を考えるとお母さんという言葉は難易度が高い。

うーん…ママにするか??

いや、ママは私とは真逆なタイプの母親な感じがするし…としばらく葛藤するも、自分の偏見より娘の初めての言葉が私を呼ぶ言葉であってほしい欲が勝り、あっさりママと呼ばせることに。

念のため、みっちゃんに娘から「パパ」と言われたいか、と尋ねたが興味なさそうだったので変更せず。

…これでうっかり先に「パパ」と言われることもないはず…ひそかにほくそえんだのは秘密である。




娘が1歳の頃、みっちゃんが、私がいないときは「ママ」って大音量で言ってるけど、と言っていたが私の前ではなぜか頑なに言わない娘。

ずっと半信半疑であったが、一度だけイオンの中で「ママ」と言ってくれたことがあった。

しかし、ママはその一度きりで何度も言わせようとしても言ってくれなかったので理解して言っているのかわからず。

これはママとカウントしていいのか…??

わからない、理解しているという確証がほしい…!!!と思うが、結局、それ以降ママと言う場面にであえず。





それから月日は流れ1歳4か月。

だっこが大好きな娘が初めて意味を理解して発した言葉は抱っこの「だッ!!!」であった。

だっこのだッが言えてからの娘は一日何度もだッコール。

…ほほう、そうきたか。

これは確実に理解して発している言葉だ。

まさか自分の要求を最初に口にするとは。

まぁ、いい。

次こそ、ママと言ってくれるはず。

ママと言ってほしくて「これ誰??」「ママだよ」と毎日言う日々。

さぁ、来い!!!ママと言っておくれ!!!




最初の言葉から1週間ほど経過した時のことであった。

みっちゃんがお風呂から出てきたので「お父さん、お風呂でたねぇ」と娘に話しかける。

「たーたん!!!!!」

「!?!?!?!?!?」

なんと、娘が要求の次に発した言葉はまさかの「たーたん(お父さん)」。

まじか。

まぐれだと思い、その後の様子を見てみるがきちんと意味を理解して発している様子。

私の夢がはかなく散った瞬間だった。

よこしまな考えを持たずに最初から「おかあさん」と言っていればお父さんより先に言ってくれたのか、と思ったが時すでに遅し。

しかし、言い訳をするならば、娘と話すことがなさすぎて話しかける内容は家事の実況か、みっちゃんがいるときは「お父さん~だねえ」と、みっちゃんの実況を言っていた。

ママよりお父さんという言葉を耳にする機会が多かったせいだと思いたい。

け、決して娘が私の邪心を見抜いて言わなかったということではない…はず。汗

もうこの際、なんでもいい。

早くママと言っておくれ。

「ママは??」や「ママって言って」と言うと私の顔をじーっとみてニヤーとするやりとりが続き…

結局、たーたんを発してから1か月後くらいにようやくママと言うようになったのであった。




ママと言えるようになってから、今まで黙っていた時間を埋めるかのようにたくさん「ママ」と言うようになり、今では「びび」「トリュック(トラック)」「バッ(バイク)」「にゃんにゃん、わんわん、うま」「キディ、あ(キティちゃん)」「バイバイ」「クッキー」「ない、いた、あった」など様々な単語が出てきて何を思っているのか少しずつわかるようになってきた。

もうすぐ2歳、単語の次は2文が出現する。

初めて言う2文はなんだろう。



スポンサーサイト



娘と、夫と、びびと.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

びび写真。

►2020/05/21 06:23 



娘がいるときは常に娘と一緒にいるびび。

この猫、自分が猫だと思っていない可能性大。

娘が寝ない限りソロでのショットはほとんどなく、ブログにあげられず。

SD整理でかきあつめたびび写真。

…個性強め猫。


P2125023.jpg

ニセモノ、ホンモノ、ニセモノ。





P4085442.jpg

自分の体重で広げて作り上げた秘密基地。






P4085456.jpg

通行人を狙う。






P4085461.jpg

ソファーの使い方が妙に人間っぽい。






P4145496.jpg

こたつでのうたた寝、カンペキ。






P5085912.jpg

ふうのジャングルジム、遊ぼうとすると先回りしてスタンバイ。






P5216039.jpg

うっかりレンジの開けっ放しにするとこれ見よがしに入って無言のアピール。






単体だとこんな感じ。

娘と、夫と、びびと.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

ついでに。

►2019/10/26 06:34 



用事があったので県庁にやってきた。



_20191024_152452.jpg

外観。





_20191024_152509.jpg

ぐんまちゃんの像。

昔はゆうまちゃんという名前だったのに…ぼそり。





用事をさくっと済まし、せっかく県庁へ来たのだから、と展望ホールへ行ってみた。

DSC_6844.jpg

展望ホールは32F。





_20191024_152531.jpg

東側の景色。




_20191024_152550.jpg

北側の景色。





_20191024_152610.jpg

南側の景色。




DSC_6894.jpg

ほとんど貸し切り、ふう散歩し放題。





DSC_6898.jpg

31Fの展望サロンにあった顔出しパネル。





DSC_6902.jpg

同じく31Fにある物産展示室。




DSC_6906.jpg

26Fにある群馬県のジオラマ。





DSC_6931.jpg

2Fにあるぐんまちゃん広場。




駐車場は機械式駐車場で2時間までなら無料。

雨の日も濡れることなく建物内に入れる。

普通の車高の車は地下ルートをつかうのだが、少し低いと判断されると地上ルートを案内されるので極端に低くない限り安心して駐車できる。




ちなみに県庁の展望ホールは22時まで見学可能なので夜景も見られる。

そのまた昔、みっちゃんと県庁の展望ホールから花火観賞をしたことがあり、夏の暑い日に涼しく花火が見られておススメ。




展望ホール、ほとんど人がおらずまわりを気にせずにふうが歩けて楽しそうだったので雨の日の散歩によさそう。

近いうちに再訪しようと思う。


娘と、夫と、びびと.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

お出かけダイジェスト ふう0歳編。

►2019/09/13 06:45 



ふうが生まれてから1歳になるまでの1年間でお出かけしたところを簡潔に。

ちなみに続編がありそうなタイトルだが、続編があるのかは今のところ未定。




ふうの初めてのおでかけは生後2か月の長門牧場。

しかし、写真が残っておらず。




写真が残っているのは生後3か月の11月に行った新潟県、美人林。

PB110849.jpg





大みそかに行った山梨県、富士山。

PC311430.jpg





年始に行った栃木県、日光。

P1041567.jpg





ふうに雪を触らせようと行った長野県のどこかの高原。(場所失念)

P1271925.jpg





なんとなく那須に呼ばれている気がして行った栃木県、殺生石。

P2242717.jpg





新元号発表後、最初に訪れたのは千葉県、あけぼの山農業公園。

P4133743.jpg





GW前に行った茨城県、ひたち海浜公園。

P4204157.jpg





P4204212.jpg





GW初日に行った群馬県、みさと芝桜公園。

P4274500.jpg





GW後半に行った長野県、菜の花公園。

P4284578.jpg





同じくGW後半に行った栃木県、那須フラワーワールド。

P5054609.jpg





酷暑から逃れるために行った群馬県、野反湖。

_20190728_192228.jpg





こんな感じ。

さすがに0歳児を連れての遠出はできず片道2時間以内の場所ばかり。

最近は泣かずに車におとなしく乗っていられる時間が増えたので、今年はもう少し遠くへ行きたい。



娘と、夫と、びびと.Comment(2) | Top ▲

血迷って。

►2019/08/27 06:29 



小さなお子さんがいる方はご存知かもしれないが、2018年でレカロがチャイルドシート事業を終了した。





ふうが1歳になる+みっちゃんが今つけているチャイルドシートに不満を持っているので新しいジュニアシート購入を検討していた時のこと。

私はずっと気になっていたレカロがほしかったので、調べていると上記で述べたような残念なお知らせを発見した。

えぇー…。

2018年の調べごとなんて「生後○か月 なにしても泣き止まない」とか、「生後○か月 一日 睡眠7時間」とかでレカロまで調べきれなかった。笑




そして今は2019年8月。

一歳からつかえるチャイルドシートは売り切れ。

ないと言われるとほしくなる。

調べていると3歳からつかえるものと新生児からつかえるものは在庫がある。

…ふふ。

…ふふふふふ。















DSC_5459.jpg

3歳からつかえるチャイルドシート、J3。

使えるのはまだまだ先だが、物欲が勝って買ってしまった。







購入してもつかえないので、あと2年が待ち遠しい、早く3歳になってほしい。

それまでに私がセミバケほしい。←






…結局、1歳からのチャイルドシート購入していないので振り出しに戻る。












おまけ。


HPを見る限り、2018年でレカロチャイルドセーフティ株式会社は事業を終了しているが、2019年からアルツァーナジャパン株式会社が引き継ぎをしているので製造は続いている…らしい。

実際、J3は5月に再販されているし、レカロのHPを見るとチャイルドシートの部分は閲覧可能。

そしてそのHPを見ると、1歳から使えるチャイルドシートは販売予定になっている。

予定は今年なのか来年なのか未定なのか不明だが、もしかしたら再販もあり得る…??

本当に販売されるなら欲しい…けどほしいのは今なんだよなぁ。

…公式HPの閲覧のみで私の解釈が間違っている恐れもあるため、気になる方はご自身で調べることをおススメします。


娘と、夫と、びびと.Comment(0) | Top ▲

ふうが1歳になった。

►2019/08/23 12:06 



少し前だが、ふうが1歳になった。

2018年から2019年がタイムスリップしたのか、というくらいあっという間だった。

里帰り手伝いなしだったのでずっとふうと一緒にいた。

10時間ぶっ通しで泣く、朝晩の区別をつけるための生活をしたが3か月くらいまで夜になると泣く、というか起きてるときずっと泣く。

生まれた時から夜も交代して見てもらったわけではないため睡眠不足が続き、体がボロボロなのに泣くことをやめないふうと一緒に何度泣いたことか。

出産後から4か月までは心身ともに悲惨だったが「自分で望んだ道だから」と自らを奮い立たせてなんとかここまで来た。



ふうの誕生日、写真館で写真でも…と思ったが今まで身内も含め誰にも預けられたことがないので、今までの経験上写真どころではない気がする。

結局、家で飾りつけをして写真撮影。

ケーキはふう用にパンケーキを焼いただけ。

DSC_5344.jpg

暑くて買い物を断念したため飾りつけのフルーツは家にあったブルーベリーのみ。

生クリームはまだ微妙なところなのでプレーンヨーグルト。

誕生会などはせず、大人はいつもと変わらない食事を摂り、ざっくりとした過ごし方。



生まれてから1年経過したわけだが、最近は靴を履いて歩けるようになり、マネのバリエーションが増え、こちらの言っていることもわかるようになった。

なぜか泣くときだけ意思表示がすごい。

尻もちついただけで「いだー」
眠い時は「ねーんねーん」
気に入らないと「ぁ゛ー!!!」

いつもハグをするとき「ぎゅー」と言っているのだが、少し離れたところから「ぎゅー」と言うと満面の笑みで近づいてきてぴったりくっつく。

それにキュンとしてしまい、何度も強要している。←



いまだに抱っこが大好きでみっちゃんがいないと家事ができないとか、3か月ごろから離れると泣くのでトイレも含めてずっと一緒とか、私が隣にいないと昼寝がすごく短いとか色々あるが、怒涛の4か月に比べたらかわいいもの。

私も母親歴1年、まだまだ改善する点はたくさんあるので娘と共に成長していければ、と思う。


娘と、夫と、びびと.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲