FC2ブログ

24時間の秋休み-2。

►2019/09/23 06:24 



金華山のあとはインスタから有名になった(?)モネの池へ。

ちなみに、モネの池はクロード・モネが描いた「睡蓮」に似ていることから名付けられ、正式名称は名もなき池…らしい。

モネの池は根道神社境内にあるので、道の反対側にあるあじさい園駐車場に駐車して歩いていく。

途中、ひっそりと駐車場協力金箱が設置されていたので少しだけ気持ちを入れて。


DSC04086.jpg

歩いて3分くらいで池に到着。

DSC04078.jpg

普通に撮るとこんな感じの池。

それを青色に加工して撮影すると…

DSC04082.jpg

こんな感じ。


インスタのように写真を撮ってみる。

DSC04038.jpg

丁度コイが集まってきた。

DSC04041.jpg

実物の池は透明度が高く、写真を加工して撮ると印象的な池となる…らしい。




モネの池のあとは城山天守閣の展望台へ。

展望台からは、合掌造りの集落が一望できる。

実は、過去に数回来たことがあるが一度も晴れた日の写真を撮れたことがない。

今日はすごくいい天気なので期待して行くものの…

DSC04109.jpg

なぜかどんより空。

今回も晴れた写真が撮れなかったのでリベンジ決定。

次は秋以外の写真を撮りたい。

DSC04146.jpg

ちなみに、駐車場はこんな感じ。




はてさて、次に向かうは最終目的地である千里浜なぎさドライブウェイ。

朝の高速渋滞に1時間巻き込まれたため、千里浜へは日の入りに間に合うかどうかの瀬戸際になっていた。

間に合うか否かドキドキしながら千里浜へ。

DSC04214.jpg

雲が多すぎて間に合ったのか微妙。

前回訪れた時も曇り空だった千里浜。

天気予報は1日快晴にもかかわらず素敵な夕日、今回も見られず。

城山天守閣の展望台に引き続き、千里浜の夕日も次回リベンジ。




あたりが完全に暗くなったころ、千里浜から自宅へ向かう。

帰宅は0:30。




ふうが生まれてからずっと一緒にいたので初めて長時間離れて過ごした。

どんな感じになるのか少し心配だったが、さびしそうにすることもなくみっちゃんと2人で楽しく過ごしていたらしい。

少しはさびしそうにしてくれてもよかったのに…笑

自由時間をくれたみっちゃんに感謝。



スポンサーサイト



旅-中部.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

24時間の秋休み-1。

►2019/09/22 06:38 



みっちゃんが1週間休みを取得した。

1週間どっか行ってきていいよ、と言われたが色々考えた結果、1日だけどこかへ行くことにした。

24時間…どこまで行ける??

久しぶりに地図とにらめっこ。

悩んだ結果、未踏の地である岐阜と海が見たかったので石川に決定。




午前2時過ぎ、出発。

久しぶりの夜間走行。

…が、久しぶりの長距離運転で途中から睡魔が。

少しだけ駒ヶ岳SAで仮眠。

その後、運転を再開するものの、名神で車両火災により1時間の渋滞にはまる。

そういえば今までずっと旅をしていて渋滞らしい渋滞に巻き込まれたことがなかった。

今まですごく運がよかったんだなぁ、としみじみ。

渋滞中は車間を広く取って止まらないゲームを勝手に開催しているので渋滞は苦ではないが、さすがに5キロ1時間は時間の経過が長く感じた。





なんとか渋滞を抜けて最初の目的地、金華山に到着。

DSC03896.jpg




駐車場から案内板に従って歩いていく。

DSC04018.jpg

ロープウェー乗り場に到着。

往復券(1080円)を購入したものの、ロープウェーの発車まで時間があったのでふらふらしていると…

DSC03898.jpg

記念メダルがあったので購入。

実は記念メダルが好きで、今までの旅で記念メダルを発見した場合ほとんど購入している。



その後、定刻にロープウェーは発車し山頂へ。

岐阜城まで歩いていく。

DSC03900.jpg

ひたすら階段をのぼっていくと岐阜城がチラリ。

DSC03904.jpg

さらに進んでいくと…

DSC03917.jpg

岐阜城。

入場料(200円)を支払い、4階の最上階展望スペースへ。

DSC03950.jpg

長良川が市内を貫流している様子がわかる。

DSC03957.jpg

快晴すぎて遠くまで見晴らせる。

景色を楽しんだ後は、展示物を見ていく。

すると…

DSC03969.jpg

トリックアートパネル発見。

よく見ると「ギッフッ」と書いてあり、思わず笑ってしまった。

ちなみに岐阜城へ行く途中にも「ギッフッ」はある。

DSC03994.jpg

…正確には「ギーフ」である。




岐阜城のあとは展望レストランの展望台へ。

DSC04005_20190922231724ce3.jpg

景色は360°見ることはできないが、こちらの方が開けており景色を見るだけならば岐阜城まで行かなくても良い気がする。

DSC04000.jpg

パノラマ写真を撮ってみた。





旅-中部.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲