FC2ブログ

48時間の青森旅。-2

►2019/09/28 06:03 



はてさて翌日、旅館をチェックアウト後に向かうのは津軽半島。

最初の目的地は青函トンネル入口広場。

DSC_6034.jpg

時刻表を調べると新幹線通過まで15分ほど。

みっちゃんとふうは広場で遊んでいた。

そうこうしているうちに通過時刻になり…



OI000028.jpg

北海道新幹線通過。

いつか乗ってみたい。




次に向かうは龍飛崎。

DSC_6081.jpg

駐車場から歩いていくと現れる龍飛崎灯台。



_20190924_222920.jpg

先端の広場で1枚。




DSC_6070.jpg

こちらでも北海道がくっきり。




DSC_6076.jpg

遊歩道から見える景色。






灯台の次は龍飛の歌謡碑のところへ。

DSC_6092.jpg

いつも誰かが押していて押せなかった津軽海峡冬景色、4回目の訪問でついに押すことが出来た。



DSC_6095.jpg

歌謡碑のところからは漁港を見下ろせる。






次の目的地は眺瞰台。

DSC_6106.jpg

前回訪れた時は霧の中だったので快晴の眺瞰台は初めて。




DSC_6110.jpg

展望台までは117段。



DSC_6131.jpg

階段を上りきった景色。



_20190923_180315.jpg

つづら折りの道が素敵。



DSC_6134.jpg

ちなみに展望台は老朽化のためロープが張られていて上れず。






お昼は道の駅こどまりへ。

DSC_6150.jpg

道の駅の中にあるレストラン竜泊に入店。



_OI000001.jpg

私は浜ラーメン。



_OI000002.jpg

みっちゃんは三食丼定食。

ちなみにふうは離乳食のため、この旅では私たちの前に車内で食事をし、大人のご飯は見学してもらっていた。




_OI000003.jpg

レストランの近くにあった顔出しパネル。






次はこの旅最後の目的地、鶴の舞橋。

DSC_6165.jpg

鶴の舞橋は、廻堰大溜池(通称津軽富士見湖)に架かる日本一長い三連太鼓橋。



DSC_6205.jpg

渡ってみる。



_20190926_215525.jpg

支柱を含めて橋をすべて見られるのは珍しい、らしい。






鶴の舞橋観光後、青森県内で家族風呂に入り、ふうを寝られるだけの状態にしてから帰宅。

帰宅時間、出発時刻と同じ2:30。

ジャスト48時間の旅。



はじめてふうと長距離旅行をしたが、全く泣かずご機嫌で過ごしていてびっくり。

もっといろんな景色を見に行けそうなので楽しみ。


スポンサーサイト



旅-東北.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

48時間の青森旅。-1

►2019/09/27 06:52 



私の秋休みには続編がある。

話はみっちゃんが1週間休みを取得したところに戻る。

1週間1人旅をすすめられたが、結局1日だけ旅をしたわたくし。

他の日、みっちゃんが平日家にいるのにどこにも行かないのはもったいない。

定期的に大間のまぐろ食べたい病にかかっていた私はみっちゃんに言う。

「青森行きたい。」

色々話し合い、青森出発は私が旅から帰ってきた日、支度をしたらそのまま家を出ることで話はまとまった。

そのため、岐阜へ行く前日にすべての荷物を準備しておく。




話は戻り、岐阜から帰ってきたのが0:30。

シャワーを浴び、たまっていた洗濯物を洗い、干してから仮眠していたみっちゃんを起こす。

荷物はほぼ入っていたので軽いものだけ入れ、ふうをそっとチャイルドシートに置く。

…眠りが浅いのか触るだけで起きる子のため、だっこしただけで目を覚ましたが特にリアクションせず。

夜のため、声をかけず無言で車を出発させる。

このとき2:30。

結論から言えば、ふうは出発後すぐ眠り、いつもと同じ7時前まで眠っていた。




2日連続2:30出発、ほとんど睡眠なしだが久しぶりの旅でテンションが上がってしまい、眠気が0のわたくし。

眠気は0だが途中で運転することを考えると少し仮眠しなくてはならない。

とりあえず、宮城あたりまで運転してもらい、その後宮城から岩手まで私が運転。

どちらかが寝ているときはどちらかが運転しているので順調に青森へ。




写真はふうを歩かせるために立ち寄った道の駅よこはま「菜の花プラザ」から。


DSC_5949.jpg

大間へ行くときは必ず立ち寄っている道の駅。




DSC_5952.jpg

平日で空いていたため、店内に入り菜花ソフトを食べる。




DSC_6018.jpg

みっちゃんが試食して気に入って買ったかりん坊と、私が気になったドーナツを購入。




ここから一気に大間まで。

丁度お昼頃に到着。

いつもの海峡荘さんで食べることに。

_OI000005.jpg

念願のマグロ丼。

おそらく2年ぶり。

ずっと食べたかった味に感動。



OI000019.jpg

食事のあとはモニュメントで記念撮影。



DSC_5982.jpg

北海道がはっきり見える。

写真はないが到達証明書を購入し、次の目的地である尻屋崎へ。



DSC_6000.jpg

この灯台と海と空と、すべてが私好み。

大好きな景色に心躍り、しばらく見とれていた。



DSC_6011.jpg

寒立馬はなぜかゲート付近にかたまっていた。




ここからは宿に向かう。

今までだったらビジホ一択だったが、ふうのことを考えて和室のある旅館を選択。

どうせなら行ったことのない浅虫温泉に行くことに。

ということで浅虫温泉で一泊。



旅-東北.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲