Blog*bloG
水沢うどんと榛名山と。


少し前に家族が全員集まった。

なぜか、水沢うどんを食べに行こうという話になり、早速出発。


DSC_2534.jpg

水沢うどんといえば、大澤屋が有名どころの1つであるが、誰も行ったことがなかったので行ってみることに。





DSC_2539.jpg

うどんの大盛りを注文。





DSC_2565.jpg

その後向かったのは榛名山。





DSC_2571.jpg

まだ少し氷が張っていた。






帰りに清芳亭と、父親が行ったことがないというのでD`z-garageに寄り道しつつ帰宅。

暖かくなったので、そろそろ水沢うどんめぐり再開しなくては。


スポンサーサイト
湯の花饅頭とD`z-garage。


とある日のこと。

大蔵省(古)「湯の花饅頭食べたい」
私「ドライブしたい」




…というわけで向かった先は伊香保。


DSC_0958.jpg

湯の花饅頭の店、清芳亭。

目的の商品を購入。




さて、清芳亭と同じ道沿いにD`z-garageという店がある。

D`z-garageとは、ざっくりいうと頭文字Dの舞台である渋川市にあるスポーツカーをテーマにしたレーシングカフェ。

清芳亭へ向かう途中、D`z-garageを見かけ「そういえばいつか行ってみたいと思っていた」と大蔵省(古)に話し、せっかくだからと帰りに寄ってみることにした。



DSC_0975.jpg

D`z-garageの外観。



DSC_0961.jpg

拓海と涼介のパネル。




DSC_0966.jpg

内観撮影の許可をいただき一枚。




DSC_0967.jpg

外にはFDと86。




DSC_0968.jpg

かっこいい。




DSC_0970.jpg

86のドリンクホルダーには紙コップが入っていた。




DSC_0972.jpg

86を含め、いくつかの車はASKになっていたので買うことも可能…??




D`z-garageの商品としては頭文字Dプリンがある。

なかなかいいお値段ということもあり、正直行くのをためらっていた。

今回、大蔵省(古)がいるので調子に乗って立ち寄り、さらに全種類をおねだり。笑

ちなみに、この頭文字Dプリンは持ち帰り可能なため、店内では食べなかった。







はてさて帰宅後、いつものように撮影準備をしていると…

_DSC2437.jpg

当り前のようにカメラの前でポーズを決める白黒。





_DSC2441.jpg

プリンがメインなのか白黒がメインなのか。





_DSC2451.jpg

それぞれの車の色をイメージして作られたプリン。





_DSC2456.jpg

清芳亭の湯の花饅頭も忘れずに。




個人的に湯の花饅頭より、水ようかんの方が好き。

そして、プリンはクレヨンという渋川のプリン専門店で作られているだけあってどの味もおいしかった。

急きょ決まったドライブであったが、なかなか楽しかった。

唯一の心残りは、写真撮影する予定はなかったためカメラを持たず、携帯で撮影したこと。





自販機食堂。


家族が集まったとある日、父親が急に一言。

「自販機食堂行かない??」

前から気になっていたそうで、面白うそうという話になり行ってみることに。




DSC00165.jpg

伊勢崎市にある自販機食堂。




DSC00166.jpg

稼働しているのはこの3台。




DSC00171_20160407161013c8b.jpg

キーホルダーも売っている。




DSC00168.jpg

箸入れも凝っている。




DSC00178.jpg

購入したのはこの3つ。 (ラーメンは具を下から出し、それっぽく)




DSC00180.jpg

トマト、バジル、ベーコンのトースト。 (名前を忘れた)




DSC00182.jpg

ダブルチーズバーガー。 




DSC00183.jpg

思い出ノートがある。




DSC00184.jpg

1周年のイラストも。




個人的にバーガーが1番おいしく感じた。

みんなで分け合って食べたのでいろんな種類を食べることができてよかった。

県内にあるので行こうと思えばいつでも行けるところも魅力的。



峠の釜めし 冬。


気づけば冬。

ふらり横川SAに立ち寄ったとき、冬限定の釜めしに目が留まる。

…というわけで。

P1102645.jpg

冬限定の釜めし。



P1102647.jpg

色合いが冬らしい。



お味は、やっぱりおいしい。

個人的に夏と冬がお気に入り。

次、春バージョンを食べることができればコンプリート。

楽しみ。



峠の釜めし 秋。


9月のことだが、釜めしの秋バージョンを食べた。

P9131529.jpg

夏と違い、秋を感じさせる配色。




P9131545.jpg

中身も秋らしく。




秋の釜めしもおいしかった。

ごはんは栗ご飯でホクホク。

夏と秋の釜めし、甲乙つけがたいが夏の方が個人的に好きかもしれない。

次は、冬。




高原のホテル ラパン -4。


最後は食事編。

夕飯のお品書きを紛失したため、写真のみ。


DSC00509.jpg




_DSC2123.jpg




_DSC2115.jpg




_DSC2119.jpg




_DSC2127.jpg




_DSC2128.jpg




_DSC2131.jpg




_DSC2135.jpg




_DSC2140.jpg




_DSC2144.jpg




_DSC2150.jpg




_DSC2153.jpg




_DSC2156.jpg




_DSC2173.jpg




_DSC2176.jpg





料理が特に印象的で、見た目も美しく味もとてもおいしく感じた。

お風呂も部屋以外に4つ、しかもすべて貸し切りなので心ゆくまでゆったりできた。

また機会があれば行きたいと思う。




高原のホテル ラパン -3。


第三回はお風呂編。

半露天と内風呂がそれぞれ2つずつある。



DSC00535.jpg




DSC00537.jpg




DSC00542.jpg




DSC00576.jpg




DSC00547.jpg




DSC00548.jpg




DSC00584.jpg




DSC00587.jpg




DSC00586.jpg




DSC00590.jpg




DSC00594.jpg




高原のホテル ラパン -2。


第二回は館内外散策編。


DSC00602.jpg




DSC00605.jpg




DSC00606.jpg




DSC00554.jpg




DSC00579.jpg




DSC00508.jpg




DSC00560.jpg




DSC00533.jpg




DSC00568.jpg





高原のホテル ラパン -1。


晩夏に母と行ったバラキ高原。

毎年1回どこかへ行くのが恒例化している気がする。

宿泊場所は、高原のホテル ラパン。

今回も項目ごとに写真を。

第一回はお部屋編。

部屋の名前は風つつじ。


DSC00514.jpg




DSC00516_20151005201727077.jpg




DSC00519.jpg




DSC00531.jpg




DSC00523_20151005201730218.jpg




DSC00526.jpg





村民食堂でモーニング+寄り道。


家族の予定が合ったので、早朝軽井沢、モーニングをすることに。

モーニングは星野エリアの村民食堂。

8時からモーニングが食べられる。


DSC_1092.jpg

7:59に到着、駐車場は空車。




DSC_1093.jpg

村民食堂の外観。




DSC_1094.jpg

入口。




DSC_1097.jpg

他のお客は皆無。




DSC_1100.jpg

十種の恵み粥朝食。



DSC_1103.jpg

ヨーグルト付き。




星野エリアでは朝食だけを食べたので8:55軽井沢出発、急いでいたわけではないがやっぱり滞在時間は1時間以内。






碓氷峠の旧道から帰宅、途中寄り道。

DSC_1109.jpg

駐車場にあった案内板。




DSC_1112.jpg

やってきたのはめがね橋。




DSC_1113.jpg

めがね橋の上からの景色。




DSC_1124.jpg

峠の釜めしで有名なおぎのや。




DSC_1123.jpg

「みそそふと」と「コーヒーゼリー+ソフトクリーム(名前忘れ)」



DSC_1126.jpg

記念撮影できるところもある。







お昼前には帰宅したプチドライブ。



峠の釜めし 夏。


2013年から峠の釜めし誕生55年を記念して、四季の釜めしが販売されていたらしい。

釜めしが大好きなわたくし、期間限定釜めしの存在全く知らず、つい最近気づかされる。

気づいたらもう興味津々、一度は食べたくなる。

春の釜めしは食べ損ねたが、夏はまだ間に合うので食べたいと大蔵省(古)に申し出でてゲット。


_DSC1769.jpg

普通の釜めしに比べて高級感がある。



_DSC1779.jpg

中身は夏らしさ全開。




やっぱりおいしい釜めし。

鮎の炊き込みご飯は生姜が効いていて、ご飯が進む。

夏野菜には余分な味付けがなく、さっぱり。



ちなみにこの釜めし、1800円。

場所は上信越自動車道横川SAの上り線、土日祝の数量限定販売。

峠の釜めし 夏、は8月30日(予定)までらしい。

次は秋バージョン食べたい。



夜遊び。


家族が集まったとある日の夜21時過ぎ、唐突に開通した首都高C2行ってみよう、海ほたるに行ってみようという話になる。

22時、自宅を出発。



_DSC1300.jpg

5号池袋線から都心環状へ。



_DSC1305.jpg

開通した区間は今風のトンネル。




_DSC1335.jpg

あっという間に海ほたるへ。




_DSC1330.jpg

記念撮影用のオブジェ(?)がたくさん。



_DSC1333.jpg

人は皆無。




_DSC1355.jpg

平日の24時過ぎ、流れる写真を撮りたいと思っても車がいなすぎて微妙な写真に。



ここまで来たのだから大黒PAまで行こうということとなり…


_DSC1366.jpg

大黒PA。




_DSC1372.jpg

平日の深夜なのに案外スポーツカーが多かった。





帰宅は午前3時。

むちゃくちゃなプチ家族ドライブ。





おまけ。

_DSC1393.jpg

ブレブレ東京タワー。

1時過ぎても点灯していた。



ハルニレテラスでモーニング。


少し前にテレビの特集で放送されていた軽井沢モーニング。

軽井沢でモーニングなんてオシャレ。

しかも、写真映えしそうなモーニングメニュー。

…私も行きたい、撮りたい、食べてみたい。

普段、ごはんに興味がないわたくし、珍しくごはんに反応。

行きたい-、食べたい-、と言いまくる。

後日、家族が全員揃ったので軽井沢でモーニングすることに。



…というわけで。

DSC06000.jpg

早朝のハルニレテラス。



DSC05973.jpg

モーニングは7:30~や8:00~と、店舗により異なる。



DSC05994.jpg

朝なので人は少なめ。



DSC05979.jpg

お目当てのレストラン、イタリアン イル・ソーニョ。



DSC05978.jpg

エッグスラットプレート。




サラダはビュッフェ形式なので、好きなだけ食べることができる。

エッグスラットやバゲットが特においしく感じた。

モーニングは他の店舗でも行っているので食べてみたい。




ちなみに、モーニング後は観光せず、まっすぐ帰宅。

ハルニレテラス滞在時間、58分。



別邸 仙寿庵 再訪-4。


第四回は屋内編。


DSC03572.jpg
大浴場入口。



DSC03576.jpg
談話室とお土産コーナー。



DSC03580.jpg
実際に履けるものなのかは謎。



DSC03581.jpg
談話室から見た風景、つきあたりが食事処。



DSC03587.jpg
廊下。



DSC03575.jpg
食事部屋までの道①。



DSC03608.jpg
食事部屋までの道②。



DSC03589.jpg
食事部屋。



DSC03636.jpg
朝はジュースのサービス。






ちなみに夜も談話室でアルコールのサービスがあるが
アルコールを飲まないため、写真撮影することをすっかり忘れていた。




これにて別邸仙寿庵のレポはこれにて終了。

中庭は雪が積もってるので子供たちがそりで遊んだり雪だるまつくったりしていた。

個人的に前回よりデザートが魅力的になっていて嬉しかった。


温泉はいいなァ、と再認識。


別邸 仙寿庵 再訪-3。


第三回は屋外編。


DSC03621.jpg
外観。



DSC03623.jpg
駐車場。



DSC03628.jpg
入口。



DSC03626.jpg
入口付近の風景。



DSC03564.jpg
離れの読書室。



DSC03558.jpg
室内。



DSC03586.jpg
夕暮れの外観。






プロフィール

*BLUEay*

Author:*BLUEay*
趣味は
旅行

カメラ
です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR