FC2ブログ

2020.9.23~10.4-はじめに。

►2020/10/20 06:39 




これは2歳1か月の娘と母親がぶっつけ本番で北海道を放浪をした記録である。

出発当時の娘のスペックは以下のとおりである。
身長不明、体重13.3キロ。
トイトレ完了。
イヤイヤ期来ず。
なんでも自分でやりたい。
私と離れると大泣き、夫と留守番できない。





話は数か月前にさかのぼる。

去年北海道へ行けず、北海道への思いをはせて過ごす日々が続いていた2020年。

娘がいるので、もう北海道へは行けないなぁ、そもそも預ける先もないし…と思っていたが、定期的に写真を見ては娘や夫に北海道行きたいと言っていた。

ある日写真を見ていてふと思いつく。

そうだ、娘を連れていけばいいんじゃね??(あえて上品ではない言い方で失礼します)

うん、そうしよう。

娘と一緒に行けばすべて解決する。

行けるかわからないけれど、どうにかなるだろう。

と準備を始めたのが8月上旬。

保険の関係上、わんえいてぃーは乗れなくなっているので車は姫一択。

タウシュベツ橋梁とかサロマ湖展望台行きたい。

ダートかぁ、姫でダート…。

18インチでダート…うん、17インチに落とそう。

エアロが万が一割れたらショックなので純正より車高をあげよう。

見てくれなんて二の次、まずは確実に車が無事に帰ってこられる仕様にしよう。

…と準備をし、終わったのが8月下旬。

そこからいつでも行けたのだが、娘と一緒となると妙にハードルが高く感じぐだぐだ。

9月の下旬に入り、みっちゃんが一言。

「早く行ってきなよ、今シーズン、今週逃したらもう行けないと思うよ?」

「行ってみてダメだったら帰ってくればいいんだよ」

…確かに。

妙に納得してしまい、言われてからすぐにフェリーの予約。

このとき、9/22、PM7:00。

そこからは毎度のことだが、一気に支度をし、翌日出発。





翌日。

娘は普通に夫に見送られて手を振っていたが、この日から9泊北海道+2泊フェリーの旅に付き合わされることも知らず出発することとなる。




スポンサーサイト



旅-北海道.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

名義変更と希望ナンバーと免許更新と。

►2020/10/07 06:31 



7月のことだが、陸運局へ行って名義変更をしてきた。

ことの発端は車の保険。

結婚しても面倒で親が契約している会社の保険を契約していたのだが、いい加減夫婦で同じ保険会社にしようと思い満期になるタイミングで保険屋へ。

すると、契約者が私になってないので契約できません、満期になる前に名義変更してきてください、とのこと。

言われてい見ると確かに名義は私ではない。

ほほぅ、今から名義変更。

満期まで2週間。

やれるか…??

やらないと保険がなくなってしまう。

ということで急いで警察署へ行って車庫証明を取る&必要書類を集めて記入。

車庫証明に約1週間。

車庫証明が取れたらその足で運輸局へ。

DSC_3260.jpg

登録するのに30分くらいかかった気がする。

登録後は自動車税事務所、整備振興会の順で手続きをしていく。


手続きは職員のみなさまが多忙にもかかわらず丁寧に教えてくれたのでスムーズに行うことができた。

…が、思わぬところで事件が発生する。

今住んでいるところはご当地ナンバーがあるところなので、ずっと使っていたナンバーとはさようならすることとなり、古いナンバーと交換しなくてはいけなくなった。

封印を外してください、と言われ手順の説明を受けいざ封印を外そうとしても外れない。

マイナスドライバーで刺そうとしても刺さらない。

プラスドライバーでも外れると言ってたがもはや意味がわからない。

娘と2人、外れないねぇー…と途方にくれ、こうなったら動画でも見て学ぶしか、とスマホを取り出した瞬間…

「ダイジョーブー??」

と外国の方に話しかけられる。

「助けてください」

と言うと慣れた手つきでプラスドライバーを刺し、さくっと封印を破壊&ナンバー取り外し。

親切な方に助けられ、いざ新しいナンバーへ。

新しいナンバーをもらうとき、職員の方が「封印つけるついでに前後のナンバーつけますよ」と言われお言葉に甘える。

ナンバーをつけているとき、妙にもらったナンバーが慣れなくて職員の方に「希望ナンバーってできますか??」と聞くと「封印つけ終わったら手続きしますよ」と言われ、予約を職員の方にしていただき完了。





そして約一週間後、希望ナンバーを受け取りに行く。

名義変更よりはるかに簡単に終了。

2回目となると娘も覚えているようで…

DSC_3272.jpg

ドライバーでネジを外そうとしたり、ナンバーを渡しに行こうとしたり。

そんなこんなで無事ナンバー変更も完了。

希望ナンバーは初代ナンバーと同じ。

…うん、やっぱり見慣れているだけあってしっくりくる。



ちなみに、1週間ほど使っていたナンバーは記念にもらうことにした。

職員の方にナンバーをもらう際に一言いうと有料だがもらうことができる。






そして7月最終週は免許更新。

娘を連れていって大丈夫なのかドキドキしながら行ったが、職員の方が娘におりがみをくれたり、講習は誰もいない一番後ろの席にしてくれたり、免許の交付はビデオを見ている途中に渡してくれたり、至れり尽くせりだった。

ゴールド免許の更新だったので30分講習だったのだが、娘は持参したおもちゃで遊ぶことなく知らない人にビビッてすごくおとなしかったのでとても助かった。

予想以上にスムーズに行えた免許更新。





そんな7月。


SKYLINE.Comment(0) | Top ▲