タマ駅長とはぴはタメだった。

►2013/01/21 11:03 



gooのニュースにて。

和歌山電鉄のタマ駅長も人間ならば70歳。

どうやら社長代理までのぼりつめたそうな。

http://news.goo.ne.jp/article/sankei/life/snk20130120513.html







初めて駅長タマに会ったのは初めて1人旅をしたとき。


CIMG6941.jpg

写真がひどいのはまだおんぼろデジカメ時代だったから。




なんの偶然かわからないがその日は2011年3月11日。

そう、震災の日である。

3/10~12、生まれて初めて旅に出た。

目的は紀伊半島一周。

伊勢志摩スカイラインから最南端に向かって海沿いドライブし、
最終目的地は伊太祁曽駅のタマ駅長。

丁度震災が起きた時刻は高速道路を走行しており、
震災の様子は途中で立ち寄ったSAの人だかりができているテレビ画面にて知った。







その旅のお話はまたいつか。


















タマはどうやら13歳らしい。

うちのはぴさんと同じ歳。

DSC04143.jpg


DSC04147.jpg

この写真は去年の旅のもの。

カメラが変わるだけできれいに撮れる。
…って最初がひどすぎた??






貴志駅にいるニタマもかわゆい。

DSC04169.jpg


DSC04178.jpg








はぴさんもタマ駅長も人間に換算すると高齢者にあたる。

どうか、またタマ駅長に会える日まで健康で任務を続けていてほしいと願う。

はぴはこのまま我が家の癒し隊としてマイペースに過ごしてほしいと思う。

DSC06716.jpg



スポンサーサイト

いぬとねこ.Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

2011年3月11日

そうですか、震災発生当日は旅行中でしたか

私は近くの公園までクルマで行って、そこからローラと一緒に散歩していました。

帰りにクルマに乗り込むとラジオからの絶叫に近い声

「高台へ避難してください」
「海には近寄らないでください」
「家には戻らないで・・・・」       等など・・・が

大至急帰宅して、あとはTVの前に座りっきりでしたね~。

原発事故も重なったとはいえ東北の復興は遅々として進まないですね。
被災地の方々が生まれ故郷に帰れる日は来るのでしょうか?

2011年3月11日忘れてはならない日ですね。


2013/02/03 23:23 | ローラ・パパ URL[ 編集 ]

Re: 2011年3月11日

返信遅くなり申し訳ありません。

ローラ・パパさんは散歩中でしたかァ。

すさまじい光景でしたよね。

一瞬、別の国の話でもしているとかというくらい信じがたい出来事でしたねェ。

確かに映像でも音声でも忘れられないくらいの衝撃を受けました。

絶対に忘れてはならない日だと思います。


被災地の復旧は進まぬまま、新たな政策の方ばかり話が進んでいる気がします。

まずは復旧といえど現実的な課題が山積みなんでしょうねェ。

1日でも早く故郷に戻れる日を願うばかりです。


2013/02/09 22:37 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する