独断と偏見によるアップルパイづくり。

►2013/02/27 16:47 



家に大量にリンゴがあった。

リンゴを眺めていて、ふと思いつく。

「こんなにリンゴがあったらアップルパイ作れる!!」

しかし自称ダイタンなわたくし、料理なんて適当。

過去にレシピ通りにマドレーヌ作ろうとして材料のはちみつがなかったから代わりにメープルシロップ入れてみたり、ケーキ作ろうとして牛乳の分量間違えてドロドロになったのに目見当でほかのものを混ぜてみたり。

しかも、できた品の経緯をカミングアウトして友人たちに配るものの
「言われなきゃわからないよ、イケる。」と複数の人に言われていることをいいことに調子に乗ったわたくし。

今回、レシピも見ず独断と偏見でアップルパイを作ることに。


1、リンゴを小さく切る。(目見当でどのくらいリンゴを使うか決める)
2、鍋に砂糖(スプーン2杯くらい?)とリンゴを入れてしなしなになるまで煮る。
3、冷凍パイ生地を2枚解凍する。
4、1枚にはリンゴを乗せ、もう1枚は切れ込みを入れてリンゴを覆うようにかぶせ
  まわりをフォークで押して2枚の生地をくっつける。
5、とかしバターをスプーンで適当に表面をぬる。
6、180度のオーブンで15分焼く。
7、よく色がつかなかったらトースターできつね色になるまで焼く。


終わり。



DSCN0716.jpg


DSCN0719.jpg

出来上がりはこんな感じ。

リンゴと砂糖と冷凍パイ生地とバターがあればできる。

計量するものなし。


お味はアップルパイ。

こげだけ気を付ければ良いかと。

できる女子はカスタードクリームとかアイスとか添えるんだろうなァ。


…リンゴが余っていたならぜひアップルパイでも。


スポンサーサイト

日記.Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

美味しそう・・・

上手ですね~
焦げめの濃淡のバランスもとれてて見るからに美味しそうで
パン屋さんのショウウィンドウに並べられてるアップルパイと同じですよ。

わが家でパンなど焼いていると匂いに敏感なチッコイいたずら坊主が台所をウロチョロ歩き回ってまだかまだかと催促するでしょうね(笑)


2013/02/27 23:28 | ローラ・パパ URL[ 編集 ]

Re: 美味しそう・・・

ありがとうございます。
我ながら適当に作っても形になるものだなァ…と。
調子に乗りました、すみません。笑

パンのにおい好きですよねェ。
うちの白黒もパイに反応しないものの
パンを焼いていてふと後ろを見ると目を寄せた白黒の姿がありますよ♪


2013/02/28 22:53 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する