響きが好き。

►2013/06/18 19:08 



学生生活をすると授業内でさまざまな言葉や定義を学ぶ。

なかでも、1度聞いたら覚えてしまうものもある。

たとえばオームの法則。

初めて習ったとき、
「鳥が法則名になっちゃったよ!!」
とテンションが上がってすぐに覚えた。

今なら鳥でないことくらいわかる。








はてさて、ここからが本題。

先に述べた系統でいくと2つ好きなものがある。

①ドップラー効果

②チンダル現象


①のドップラー効果は救急車の音が近いところでは高音に聞こえるが
離れていくと低音に聞こえるものである。


初めて授業で習ったとき、
「ドップラーって変な名前だな」
と思い、すんなりと覚えてしまった。


定義は覚えていないが、救急車が通るたびに
「ぁ、ドップラー!!」
と思ってしまう。



②のチンダル現象は以下のような写真。

P6084814.jpg

先日、地元で見つけた風景。

厳密にいうと、これはチンダル現象の一部である。

記憶が正しければの話。



今にも天から誰か降りてきそうな、
もしくは誰かが天に召されそうな幻想的な空。

この状態が現象名として存在することを知ったとき妙にうれしくなり
それからこのような空を見るたび
「チンダル現象だ」
と思うようになった。




ドップラーとチンダル。

身近なところにあるのに名前がイカしてる。

名前かっこいいし響きが素敵。

そんな単純な理由からこの言葉が好きだなんていったら
専門家の方々に「はぁ??」と思われそうだ。

むしろ、私以外の人は「はぁ??」と思いそうだ。笑






スポンサーサイト

その他.Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

オームの法則

電圧=電流×抵抗・・・なんてv-208の仕事に大いに関係がありました。
フレミングの左手の法則やパスカルの原理などよく勉強したものです。

チンダル現象ってのは初めて聞きましたネ~
検索してみたところ現象はよく目にしてたものだったんですね。
節穴から太陽光線が差し込み室内のホコリが光とともに一直線に見えていましたがアレがチンダル現象だったんですねっ。

何か一つの現象を解明したり法則性を発見して、名前が永遠に後世に伝えられるってスバラシイでしょうね

ピタゴラスさんやアルキメデスさんが生きてたら何て言うんでしょうか (*^_^*)


2013/06/20 15:47 | ローラ・パパ URL[ 編集 ]

Re: オームの法則

車関係は電気関係や物理関係に強そうな気がしますねェ。
物理系は弱いので、パスカルの原理がわからず思わず調べてしまいました。
ブレーキのところで活躍する原理だったのですね。
職種と話は少し違いますが車関係に勤めている知人は
毎日のようにsin、cos、tanを使うらしいです。
学校で習ったことは意外と身近で使われている気がします。

チンダル現象は誰でも1度は目にしている光景ですよね。
室内のほこりが光を浴び線状に見えたらチンダル現象…
「うぉ、ほこりが見える」ではなく
「わぁ、チンダル現象だ」と言えばなんだか素敵にきこえ…って私だけですね;;

古代の方々はいろんなことを発見して純粋にすごいなァと思います。
彼らが頑張った分、現代において習うことがたくさんあるわけですが…複雑な心境です。
彼らがもっと長生きしていたら法則名があといくつか増えている気がしました…笑


2013/06/20 20:28 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する