子供の頃、好きだったもの。

►2014/06/23 06:00 



発掘写真シリーズです。


幼少期、ゲーセンに行くと必ず食べたもの。

100円の綿菓子機でつくる綿菓子。

割りばしを回転させながら作る綿菓子。

上手に作ると大きな綿菓子が作れる機械。

わたくし、この機械大好きなのに、綿菓子を作ることは超がつくほど苦手でして。

いつも自分でやるのですが、あまりにもロスが多すぎるため、親が途中から作ってくれるのがお決まりのパターン。

「割りばしを回しながら全体をまわすんだよ」と言われ、頭では理解できるものの実際に作ると…。汗

…話は戻り。

いつのまにか見なくなった綿菓子機械。

いつか、あぶくま空港へいったときに再会。

CIMG0394.jpg

意を決して作ってみるものの全然作れず、割りばしが見えているじょうたいの貧相なものしか作れなかった。

大人になったからといって、上手に作れるようになっているわけではないらしい。


スポンサーサイト

こぼれ観光.Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

縁日の定番 (*^_^*)

とみおかお祭り、縁日には必ずと言っていいほど登場してましたね~
綿菓子、焼きイカ、焼きリンゴ・・・今では焼きそばやたこ焼きも結構見かけますね。

でも今の綿菓子は高い!数年前のこと女房が町の花火大会で買ってきましたが有名キャラクターのビニール袋に2個入ってて500円とか600円とか言ってました。ボロ儲けです。

でも美味しいですね、綿菓子は
少~しづつ食べるのもイイですが丸めて野球ボールくらいにして食べると最高でしたネ。
但し、瞬間的に無くなってしまうのが欠点でした (笑)

富岡製糸場の世界遺産正式決定おめでとうございます。
これからたくさんの人々が訪れることと思います、群馬の経済にも大きく寄与することでしょうネ。 (^'^)


2014/06/24 15:06 | ローラ・パパ URL[ 編集 ]

Re: 縁日の定番 (*^_^*)

返信大変遅くなり申し訳ありません。

綿菓子はお祭りの定番ですよねェ。
我が家はお祭りへ行くような家庭ではなかったため、綿菓子=デパートのゲームセンターで食べるものというイメージでした。
出店の綿菓子高いですねェ…。安いところだと500円ランチができそうです。笑
しかし、あの雰囲気の中食べるからこそ、たとえ高くても別格なんでしょうねェ。
これから祭りの時期になりますね。浴衣を着て夏祭り…一度も経験したことないため、ひそかに憧れます。笑

綿菓子、おいしいですよねェ。
まるめて食べるのもよし、思いっきりかぶりつくのもよし…ただ、口のまわりがベタベタになることがちょっと…ですね。笑
あと、上手に食べないと、かたまった砂糖が歯にはさまったような気がするのですが、それは私だけでしょうか…??
ここ数年食べていませんが、綿菓子が無性に食べたくなってきました…。笑

ついに正式に登録されましたねェ。正式登録ということでますます観光客は増えるのでしょうねェ。
いつか行きたいとは思いますが…しばらくは混雑で行けないだろうなァ、と勝手に思っています。笑


2014/06/29 20:33 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する