うちのコ記念日。

►2014/07/08 21:13 



家族の誰も覚えていないが7月のとある日、はぴさんは我が家にやってきた。

母親いわく、はぴさんが来たのは7月の第1週とのことであった。

というわけで、ざっくりと7月上旬をはぴさんのうちのコ記念日に決定。

白黒のケーキを依頼したところではぴさんのケーキを依頼。

もとになる写真はこちら。

DSC00371-1.jpg

ご存じ、はぴさん。

ケーキになると…


























DSC05807.jpg

茶色になったはぴさん。

なかなか特徴をとらえてらっしゃる。








DSC02721.jpg

我が家のツンデレアイドルのはぴさん。

カメラを向ければきちんととまって写真を撮らせてくれるはぴさん。



DSC02718.jpg

ちょっとしつこくすると嫌な顔をするものの逃げないはぴさん。

かわいいなァ。

長い間、一緒にいると傍にいることが当たり前になっていて、このまま一生ずっと一緒にいられるのではないか、と思ってしまうことがある。

はぴさんのニオイが大好きで、ふがふがすることができるのは、あとどのくらいだろう。

はぴさんの柔らかさが大好きで、もふもふおなかに顔をうずめられるのは、あとどれくらいだろう。

朝、起きたときに出迎えてくれるはぴさんを見て「おはよう」と言えるのは、あとどれくらいだろう。

はぴさんと一緒に何気ないときを過ごせるのは、あとどれくらいだろう。

一緒にいることが当たり前すぎて、さようならを想像しただけで、自分の心にぽっかり穴があいた気分になる。

わかってはいるけれど、どうかこのままでと願わずにはいられない。

せめて、1日でも多くはぴさんといられる日が続きますように。

スポンサーサイト

いぬとねこ.Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

悲しくなる一瞬

うちのコ記念日とはよく考えたメモリアルですね。v-290

長い間ソバにいると完全に家族ですよね。人間と全く変わりません。
我が家もローラがおねだりしたり、何か不審者に吠えたりするのが当り前の光景で、女房と出かけているときなど姿が見えないとスッゴク寂しくなってしまいます。

でも人間みたいにナン十年も生きるわけじゃないし・・・いつかは別れる時がやって来るのでしょうネ。
ローラが小さい頃は単純に誕生日を祝っていましたが5歳を迎えた今年は別れるってことが少し頭の中に生じていました。

今を楽しもう、今を楽しく生きよう・・・などと考え毎日を過ごしています

はぴさん、ブサイクに撮れちゃいましたか?
イイ顔してるように見えましたよ~ (^'^)


2014/07/10 20:36 | ローラ・パパ URL[ 編集 ]

Re: 悲しくなる一瞬

はぴさんは、捨て猫だったため誕生日がわからず、今までなにもしてきませんでした。
15年目くらい何かしようと思い、行ったのがうちのコ記念日です。

生きているものはいずれ別れがきますよねェ。
いままで数匹のペットと別れてきましたので、わかってはいるのですが、はぴさんのような健康で元気な猫は初めてなので、このままずっと生きてくれるのではないか…と思ってしまいます。
動物たちは、なにげない日常に必要不可欠な存在ですよね。
わが家の日常を振り返ると、必ず白黒とはぴさんがいます。
いることが当たり前、本当に家族ですよね。
毎日、悔いが残らないようにはぴさんをかまっている私です。笑

はぴさん、基本的に目つきが悪いのですが、あそこまで悪いのは初めて見ました。
かわいい…確かにある意味かわいいですね。笑
写真を撮ったとき、飼い主はぶさいくと言いいながら本人の前で笑ってしまったので、少しはぴさんに申し訳ないなー…と思っています。笑


2014/07/13 22:31 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する