わんえいてぃーの好きなところ。

►2015/05/27 19:49 



わんえいてぃーの好きなところ。

DSC08118.jpg

リトラのおめめ。

ちょっとなさけない感じがかわいい。




DSC08120.jpg

ラジオを聞くときに伸びるアンテナ。

うぃぃぃぃぃ-ん…とアンテナが伸びていく瞬間が好き。




…ちなみにわんえいてぃーでパッシングするのも好き。

リトラ乗りの方はご存知だと思うが、わんえいてぃーでパッシングするときは2回ウィンカーを手前に引く。

1回だけだとヘッドライト部分が開くだけで光らない。

2回手前に引いて初めて開いて光る。

…その後は勝手に閉じる。

意外にわんえいてぃーのパッシングスピードは遅くない…と思う。

この一連の動作が好きでわんえいてぃーに乗っていて時と場合によるが、右折車がいると結構な割合でパッシングをする。

しかし、今まで運転中に自分以外のリトラの車がパッシングしているのは見たことがない。

リトラのパッシングかわいいのになぁ、見てみたいなぁ。


スポンサーサイト

180SX.Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

リトラのパッシング

リトラでパッシングできるの知らなかったです。
パッシングってヘットライトが瞬間的に点滅する
って思っていたからリトラだとタイムラグがあるって
思っていてNSXではパッシングしたこと無かったです。

今度取り締まり見つけたら対向車に
パッシングやってみますねっ!


2015/05/28 10:31 | てっちゃん URL編集 ]

アンテナの歴史

クルマのアンテナも進化していますね~
最初の頃は左フエダに垂直に取り付けて(ラジオは後付が主流の時代でした)必要に応じて手動で引き出したり押し込んで格納していました。

その後キー付のアンテナが流行りまして小さなキーでロックを解除しないと引き出しが不可能なタイプになりました。(アンテナに対するイタズラ防止ですね)

更に進むとラジオのスイッチONと同時に「カチッ」っと一段目が30センチくらい自動で飛び出てくるアンテナが・・・・・・(コレはカッコ良かったけど格納はまだ手動でした。

次に登場したものが伸縮ともに自動タイプ。(しかもラジオのスイッチに連動した優れモノ)

現在では高級車を中心にウインドガラスに導線を埋め込んだアンテナレスとなっていますし、アンテナが装備されてても、小さく短い高感度ラバーアンテナとなりラジオじゃなくてチューナーなんて言われるように。

自動車を取り巻く情勢は進化に次ぐ進化で技術が追いついたと思ったら次の技術を覚えなくてはならなくなりました。
スゴイですね~。


2015/05/31 21:56 | ローラ・パパ URL[ 編集 ]

Re: リトラのパッシング

返信遅くなり申し訳ありません。

そうでしたかぁ。
リトラ車のパッシングを見かけないのは、もしかしたらできないと思ってらっしゃる方が多いのかもしれませんねぇ。
Blogにも書きましたが、リトラのパッシングかわいいのでおススメです。笑
普通車のパッシングに比べると時間がかかるので、取り締まりを教えるときのパッシングが良いかもしれませんねぇ。


2015/06/06 14:42 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Re: アンテナの歴史

返信遅くなり申し訳ありません。

アンテナも進化していますねぇ。
180は全自動のアンテナ、スカイラインはガラスに埋め込みタイプです。
アンテナの記憶として、私が覚えているのはラジオスイッチと共に少しアンテナが伸びるタイプです。
子供の頃、車でラジオを聞くときに親がアンテナを伸ばしていた記憶があります。


アンテナ1つでこんなに進化しているのだから、他の機能はどのくらい進化しているんだろう…と、一昔前の車を乗っている身からすると気になる部分ではあります。
そのうち本当に乗っているだけで目的地に着いてしまう車が販売されそうですねぇ。


2015/06/06 15:16 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する