きっと暑さのせい。

►2016/08/27 18:06 



これは、少し前の話である。




姫は土禁である。

運転するときは靴を脱ぎ、シューズボックスに入れなければならない。

夏の暑い日のこと。

体温を超す勢いの気温、焦げそうな日差し。

その日、私は一人でショッピングモールへ行こうとしていた。

車内はエアコンガンガン。

暑がりの私が唯一電気代等気にせず涼める空間。

その日は珍しく信号にほとんどとまらず快適ドライブ。

姫は運転しているだけでワクワクするのでどこへ行っても楽しい。

あっという間に目的地到着。

昼間と言えどショッピングモールはいつも混雑している。

しかも夏の暑い日は日影の場所や立体駐車場が人気。

車内が暑くなるのは嫌だったので私も迷わず立体駐車場へ向かう。

相変わらず混雑していたが、なんとその日は入口の目の前、しかも隣は通路で通路側に気持ち寄せておけば隣の車のドアと接触の心配がない特等席が空いていた。

さらに前後に車がいなかったため、まわりを気にすることなく駐車に専念できた。

「今日、いろいろツイてるッ!!」と一人で思わずニンマリ。

無事に駐車し、さてショッピングモールへ行こうとシューズボックスに手をかけ固まる。

















































……………ない。















































く、靴がない----------------ッ!!!!!




人間というものはあまりにも予想外のことが起こるとフリーズするようで、シューズボックスに手をかけた状態で数秒固まってしまった。

そこから在りもしない予備の靴を探してみるが、もちろんそんな靴は入れたことがないのでどこにもない。
(わんえいてぃーには予備という名のいつかの旅のときからおろしていないパンプスが常備されている)

靴がないなんてありえない、と思うが目の前に靴がない現実。

軽くパニックになりつつ必死に車に乗るときの状況を思い出してみる。

車に乗ったら靴を脱ぐことが習慣になっているので何も考えなくても靴は入れているはず。

というか、今まで靴を忘れるなんてことは絶対になかった。

靴なんか忘れるわけがない。

そんな風に思っても目の前の靴がないという現実は変わらず。

一瞬、「私が裸足でショッピングモール内入っても誰も足なんて見ていないのでは…」という考えが横切ったが、それは人としてどうかと思い断念。

駐車場でいろいろ考えていてもするべきことは1つ。

家に帰り、靴を回収すること。

さっき切ったばかりのエンジンをもう一度かける。

ショッピングモール滞在時間わずか1分足らず。










今思えば、なにもかも順調すぎたことを疑うべきだった。

人生経験上、なにもかもうまく行き過ぎているときに悲劇は突然やってくる。

今回、単純に私のミスだが順調すぎる、という兆候はあった。

前回、父親が姫の車検の帰りに立ち寄ったコンビニで靴を回収し忘れ、帰宅してから「靴がない」と家の中にいた母親に電話したというエピソードに大爆笑していたわたくし。

駐車場にご丁寧に並べられた靴を見かけて「忘れちゃう人いるんだねぇ」などど言っていたわたくし。

……靴忘れという前科ができてしまった今、もう人のことを笑えない。

本当、なんで靴なんか忘れたんだろうー…。

なんて考えながら運転、気づけば家。

庭の姫のおいてあるスペースに見慣れた靴がポツリ。






ぁ、あった…。

本当に入れ忘れていたんだ…と認めたくない現実を突きつけられた瞬間であった。











なぜ今回靴を忘れたのか。

今となっては謎のままである。

謎のままであるが…暑さのせいだと思いたい。






ただ、今回の一件で言えることがある。

靴を忘れた場所が自宅でよかった。







その後、靴を脱ぐときは発進前に確認するようになったのは言うまでもない。



スポンサーサイト

SKYLINE.Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

どうも. いつも車ネタに反応するけーぽちゃです.

久しぶりに空いた時間に来ましたが,謎のホッコリ感頂きました(笑)
靴はお留守番でしたか... BLUEayさんなら裸足で靴屋に行ってしのぎそうです(失礼)

うまく行きすぎていると感じる時は,大概落とし穴の罠がありますねよ...(笑)

罠といえば,先週から大学の出張にて東京栃木神奈川群馬,そして現在埼玉にいるわけですが,
今日群馬県をgoogleナビのおかげですいすい走れていたんです. そしたら急に道路の左右に少し大きめのポール? があるじゃないですか! いやぁびっくりしました(笑) 

横に小さく大型車通れませんとかすれた字で書いてあったので,意図していることはわかりましたが,新鮮でした. 群馬では結構おおおいのですか?


とまぁいつもながら,どうでもよいことをだらだら書いてしまい申し訳ありません.


2016/09/13 22:10 | けーぽちゃ URL[ 編集 ]

Re: タイトルなし

けーぽちゃさん、お久しぶりです。

ほっこりしていただけましたか、ありがとうございます(?)笑
私がもう少し若ければリアルにそうしていたのかもしれませんが、いかんせんいい大人なのでさすがにそれは自重しました。笑

今、埼玉にいらっしゃいますかぁ。
東京、栃木、神奈川、群馬…大学の出張で一都六県すべてめぐれそうですねぇ。

道路わきのポール(?)、ありますねぇ。
住宅街のところや河川敷(?)のところで見かけたことがありますが、群馬以外に埼玉でも見かけたことがあるので群馬特有という認識はありませんでした。
あのポール(?)、ぶつかっても倒れるような柔らかい材質のものが最近は多くなってきているのですが、昔からあるようなところ、場所によっては太い鉄(?)のような棒(?)が立っており、棒を見ると様々な車が擦った痛々しい跡があるものもあります。笑

地元にずっといると普段の生活において何も疑問に思わないので、けーぽちゃさんのようなお話は楽しいです。
また何か驚いたこと等ありましたらぜひ教えてください。笑


2016/09/14 15:30 | *BLUEay* URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する