FC2ブログ

48時間の青森旅。-2

►2019/09/28 06:03 



はてさて翌日、旅館をチェックアウト後に向かうのは津軽半島。

最初の目的地は青函トンネル入口広場。

DSC_6034.jpg

時刻表を調べると新幹線通過まで15分ほど。

みっちゃんとふうは広場で遊んでいた。

そうこうしているうちに通過時刻になり…



OI000028.jpg

北海道新幹線通過。

いつか乗ってみたい。




次に向かうは龍飛崎。

DSC_6081.jpg

駐車場から歩いていくと現れる龍飛崎灯台。



_20190924_222920.jpg

先端の広場で1枚。




DSC_6070.jpg

こちらでも北海道がくっきり。




DSC_6076.jpg

遊歩道から見える景色。






灯台の次は龍飛の歌謡碑のところへ。

DSC_6092.jpg

いつも誰かが押していて押せなかった津軽海峡冬景色、4回目の訪問でついに押すことが出来た。



DSC_6095.jpg

歌謡碑のところからは漁港を見下ろせる。






次の目的地は眺瞰台。

DSC_6106.jpg

前回訪れた時は霧の中だったので快晴の眺瞰台は初めて。




DSC_6110.jpg

展望台までは117段。



DSC_6131.jpg

階段を上りきった景色。



_20190923_180315.jpg

つづら折りの道が素敵。



DSC_6134.jpg

ちなみに展望台は老朽化のためロープが張られていて上れず。






お昼は道の駅こどまりへ。

DSC_6150.jpg

道の駅の中にあるレストラン竜泊に入店。



_OI000001.jpg

私は浜ラーメン。



_OI000002.jpg

みっちゃんは三食丼定食。

ちなみにふうは離乳食のため、この旅では私たちの前に車内で食事をし、大人のご飯は見学してもらっていた。




_OI000003.jpg

レストランの近くにあった顔出しパネル。






次はこの旅最後の目的地、鶴の舞橋。

DSC_6165.jpg

鶴の舞橋は、廻堰大溜池(通称津軽富士見湖)に架かる日本一長い三連太鼓橋。



DSC_6205.jpg

渡ってみる。



_20190926_215525.jpg

支柱を含めて橋をすべて見られるのは珍しい、らしい。






鶴の舞橋観光後、青森県内で家族風呂に入り、ふうを寝られるだけの状態にしてから帰宅。

帰宅時間、出発時刻と同じ2:30。

ジャスト48時間の旅。



はじめてふうと長距離旅行をしたが、全く泣かずご機嫌で過ごしていてびっくり。

もっといろんな景色を見に行けそうなので楽しみ。


スポンサーサイト



旅-東北.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する