FC2ブログ

ママと呼んでほしくて。

►2020/06/07 23:22 



ブログを書きたいが、ネタがない。

…というわけでたまには娘のことでも。




子供が親を呼ぶとき、なんて言われているのだろうか。

一般的には、お父さんお母さん、パパママだと思う。

娘が生まれた時、なんて呼ばせようか、という話になった。

これは私個人の偏見なのだが、パパママは若くてキラキラしていている感じ。

私にはとてもハードルが高く、パパママと呼んでもらうことは諦め、お父さんお母さんに決定。

しばらくは娘に話しかけるとき、お父さんお母さんで過ごしていた。




…が、娘が4か月ごろ、ある欲が出てくる。

こんなにずっと一緒にいるのだから、一番最初に「ママ」と呼んでほしい。

…しかし、幼児語を考えるとお母さんという言葉は難易度が高い。

うーん…ママにするか??

いや、ママは私とは真逆なタイプの母親な感じがするし…としばらく葛藤するも、自分の偏見より娘の初めての言葉が私を呼ぶ言葉であってほしい欲が勝り、あっさりママと呼ばせることに。

念のため、みっちゃんに娘から「パパ」と言われたいか、と尋ねたが興味なさそうだったので変更せず。

…これでうっかり先に「パパ」と言われることもないはず…ひそかにほくそえんだのは秘密である。




娘が1歳の頃、みっちゃんが、私がいないときは「ママ」って大音量で言ってるけど、と言っていたが私の前ではなぜか頑なに言わない娘。

ずっと半信半疑であったが、一度だけイオンの中で「ママ」と言ってくれたことがあった。

しかし、ママはその一度きりで何度も言わせようとしても言ってくれなかったので理解して言っているのかわからず。

これはママとカウントしていいのか…??

わからない、理解しているという確証がほしい…!!!と思うが、結局、それ以降ママと言う場面にであえず。





それから月日は流れ1歳4か月。

だっこが大好きな娘が初めて意味を理解して発した言葉は抱っこの「だッ!!!」であった。

だっこのだッが言えてからの娘は一日何度もだッコール。

…ほほう、そうきたか。

これは確実に理解して発している言葉だ。

まさか自分の要求を最初に口にするとは。

まぁ、いい。

次こそ、ママと言ってくれるはず。

ママと言ってほしくて「これ誰??」「ママだよ」と毎日言う日々。

さぁ、来い!!!ママと言っておくれ!!!




最初の言葉から1週間ほど経過した時のことであった。

みっちゃんがお風呂から出てきたので「お父さん、お風呂でたねぇ」と娘に話しかける。

「たーたん!!!!!」

「!?!?!?!?!?」

なんと、娘が要求の次に発した言葉はまさかの「たーたん(お父さん)」。

まじか。

まぐれだと思い、その後の様子を見てみるがきちんと意味を理解して発している様子。

私の夢がはかなく散った瞬間だった。

よこしまな考えを持たずに最初から「おかあさん」と言っていればお父さんより先に言ってくれたのか、と思ったが時すでに遅し。

しかし、言い訳をするならば、娘と話すことがなさすぎて話しかける内容は家事の実況か、みっちゃんがいるときは「お父さん~だねえ」と、みっちゃんの実況を言っていた。

ママよりお父さんという言葉を耳にする機会が多かったせいだと思いたい。

け、決して娘が私の邪心を見抜いて言わなかったということではない…はず。汗

もうこの際、なんでもいい。

早くママと言っておくれ。

「ママは??」や「ママって言って」と言うと私の顔をじーっとみてニヤーとするやりとりが続き…

結局、たーたんを発してから1か月後くらいにようやくママと言うようになったのであった。




ママと言えるようになってから、今まで黙っていた時間を埋めるかのようにたくさん「ママ」と言うようになり、今では「びび」「トリュック(トラック)」「バッ(バイク)」「にゃんにゃん、わんわん、うま」「キディ、あ(キティちゃん)」「バイバイ」「クッキー」「ない、いた、あった」など様々な単語が出てきて何を思っているのか少しずつわかるようになってきた。

もうすぐ2歳、単語の次は2文が出現する。

初めて言う2文はなんだろう。



スポンサーサイト



娘と、夫と、びびと.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する