SKYLINEとの出会い。前編

►2012/06/16 14:00 



高校3年の夏休み、本当は通ってはいけない教習所に行く。

私の誕生日は8月なので仮免許は夏休み中にとれるのだ。

しかし、高校にバレたら即謹慎処分。

なぜこんなチャレンジャーなことをしたのか。

親はなぜ許してくれたのか。

今となっては謎である。

教習所に通い、学校にもバレずに、10月、免許を無事に取得。

教習所に通っている頃、教官にこんな質問をされた。

「車、何乗りたいとかあるの??」

そうに聞かれると絶対、

「インプか、ランエボに乗りたいです!!」

と答えていた自分。

その頃、インプとランエボ9は新車で買えた。

車を買うならこれしかないと思っていた。

そしてなにを隠そう、私は教習所はAT限定で通っていた。

そんな理由から2台が候補に挙がっていたのだ。

親にパンフレットをもらってきてもらい、眺める日々。





月日は流れ、冬休み。

車を買わないと初心者の納車ラッシュがはじまると思い、

何にするか本格的に考える。

親には

「はやくてかっこいい車がいい。」

といっていた。

私にとってはやい車は280馬力を指す。笑

トルクなどという言葉は知らず、ただただ馬の数がすべてだと思っていた。

ある日、親がパソコンのHPで見せてくれた車。

それがスカイライン。

初めて見た印象は、

"テールの丸がどうして同じ大きさじゃないの?!"

"じじくさい形だな"

とマイナスの印象。

でも、"スカイライン"という車の名前にどこかひかれるものがあった。



スポンサーサイト

SKYLINE.Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する