Blog*bloG
coursek.comへ行ってきた。


GW、母の誕プレを買いに旅の途中、岡山のcoursek.comへ行ってきた。

P5044180.jpg




看板犬のココタくん。

P5044164.jpg




鳥取から訪れていたひめちゃん。

P5044166.jpg



テクニック不足でかわいさが減っているが実物は100倍かわいい。

P5044163.jpg



P5044179.jpg




2匹の2ショットが撮りたいとのわがままに笑顔で応じて下さりありがとうございました。

また遊びに行きます♪


rps13とゆく。


玄関を開けると友人が立っていた。

私の友人で車を所持している場合、例外はなく、とりあえず私の家までやってくる。

私が友人に「どこ行くん??」と聞くと

「上野村。スカイブリッジと不二洞。」といいながら最新版のまっぷるを私に見せる。

私は友人に訪ねる。
「車どうする??じゃんけん??」

「いーよ。」

「勝った方?負けた方??」

「負けた方。」

「「さぁーいしょはグ―、じゃーんけん…」」

「「ぽんッ!!!」」







…結果、私の車に決定。


私、数年前にスカイブリッジ行ったことがあったが
途中、なかなかの狭い道と激坂があったことを思い出す。

…スカイラインでは行けないな;;

この日、ありがたいことに180が家にいたので180で行くことに。



DSC08906.jpg

さすが平日、誰もいない。



DSC08907.jpg



DSC08831.jpg

とりあえず渡る。



DSC08834.jpg

橋からの景色。

なぜか話題は橋の耐震と作り方について。
長々と討論会が行われた。



DSC08836.jpg



DSC08855.jpg


DSC08865.jpg

次は不二洞へ行く。

不二洞へ行く道がやや長く、友人は「疲れたー、休憩ー。」と言いながらスローペースで歩く。
同じヒール靴でうんともすんとも言わない私に対して
「持久走はやかったよね、いつも野球部の○○君と競ってたよね、だから疲れないんだよ」
と謎の理論を展開される。




DSC08876.jpg

貸切の鍾乳洞の中で友人は「わーッ」と言ってやまびこできるか確認。

結果、声は返ってこなかった。



DSC08879.jpg


DSC08889.jpg


DSC08899.jpg



一通り観光した後、遅い昼食をいただくことに。

道の駅にてご当地ものを発見し、食べることにする。

DSC08910.jpg


DSC08911.jpg


DSC08912.jpg


その後、ドライブをしつつ夕方に解散。


どうしてもスカイツリーが見たくて。


1週間の中で2回スカイツリー、しかも車で2回とも行った人-。

は-い。




…今回の観光は自分が行きたかったくせに
2回とも助手席でぬくぬく、挙句の果てに手ぶらで行ったもの。

後日、感謝をこめて少し豪華なごはんおごります-。





最初は日曜日。

休日の夕方に発生する関越上りの渋滞に逆方向で縁がない群馬県民がはまる。

P3313155.jpg


桜が満開らしく屋形船が行きかう。

P3313174.jpg


小雨の中、強行突破したので先端まで見えず。

P3313183.jpg


ソラマチをチラ見。

P3313185.jpg






次は平日の夜。

17:30過ぎに学校からマッハで帰宅し、18:30にはスカイツリーへ向かうために出発。

P4043214.jpg



P4043230.jpg



P4043278.jpg



P4043286.jpg



P4043300_20130405222123.jpg



P4043352.jpg



P4043367.jpg

うーん、満足。

リベンジ成功。

今しか見られない期間限定のライトアップ、もう思い残すことはない。



伊香保温泉。


群馬県民のくせに伊香保温泉へきちんと行ったことがなかった。

いつも通り過ぎるだけの伊香保温泉。

というわけで今回、伊香保温泉街散策。



DSC07160.jpg



DSC07163.jpg



DSC07164.jpg



DSC07174_20130313093854.jpg



DSC07196.jpg



DSC07197.jpg



DSC07205.jpg



DSC07212.jpg



DSC07221.jpg



DSC07224.jpg




ワニくんとゆく。 -エピローグ


さて、2日目。

2日目に向かうところは基本的に観光客が多く、俺の出番はなし。

ほとんど車の助手席で待ちぼうけ。

灯台以外で俺の出番がないため、ちゃちゃっと写真のみでご紹介。

CIMG6824.jpg



CIMG6825.jpg



CIMG6839.jpg



CIMG6855.jpg



CIMG6872.jpg



CIMG6889.jpg



CIMG6902.jpg



CIMG6904.jpg



CIMG6924.jpg



CIMG6929.jpg



CIMG6932.jpg



CIMG6975.jpg

こうして俺の旅は終わった。

初めての旅は初日のみの活躍であった。

2日目の午後、震災があったわけだが
12日の午前にはすでに高速の給油規制が始まり女はガソリン残量とにらめっこしながら帰った。

高速は通行止めが多かったが幸い、女の地方の最寄りのICは通行できた。

まぁしかし、12日の高速道路の空きようは異常だった。

単独で走っているかのよう、SAも車がほとんど停まっておらずなんとも奇妙な光景だった。

俺の初めての旅がいろんな意味で忘れなれないたびになったことは言うまでもない。


ワニくんとゆく。-5


次にやってきたのは燈明台から程遠くない梶取崎。

梶取崎には灯台がある。

CIMG6753.jpg



ここは広い広場の中にあり、俺が来たときボーダーコリー2匹ががノーリードで遊んでいた。

CIMG6759.jpg



平見台園地へ行く。

燈明台からここまで地元の方以外にはあっていない。

CIMG6774.jpg



ここでも貸切で楽しいぜ。

CIMG6769.jpg



本日のラストは橋杭岩。

干潮らしく、岩がごろごろ。

CIMG6788.jpg



わんえいてぃーと俺と橋杭岩。

CIMG6799.jpg




ワニくんとゆく。-4


横山展望台を後にし、ひたすら移動して着いた先は燈明台。

梅の花が咲き始めていた。

女は無理やり俺を枝にのせる。

CIMG6737.jpg



燈明台には鯨狼煙場跡もある。

CIMG6741.jpg


燈明台は貸切で景色もよく、満足のいくスポットであった。

CIMG6743.jpg



CIMG6744.jpg



午後3時を過ぎているのにこの眺め。

今日は本当に晴天だな。

CIMG6745.jpg



海は広いぞー。

CIMG6748.jpg



ワニくんとゆく。-3


次なる目的地は大王埼。

ここでは観光客がたくさんいため、俺の出番はなし。

CIMG6688.jpg



CIMG6694.jpg



CIMG6700.jpg



大王埼を後にし、向かった先は桐垣展望台。

景色が遠くまでしっかり見える。

CIMG6709.jpg



CIMG6716.jpg



桐垣展望台とは別の角度で英虞湾を見ることができる横山展望台へ行く。

CIMG6723.jpg



だいたいこのあたりから見ている景色…??

CIMG6727.jpg

横山展望台の展望台へは工事中で残念ながら行けなかった。


ワニくんとゆく。-2


つぎに女が向かったのはパールロード経由の安乗埼灯台。

なかなか写真映えする日だが、初めての旅で時間配分がわからず急ぎ足で観光していた。

まぁ、俺は女のカバンの中で埋もれていただけだが。


CIMG6653.jpg

昔のこと過ぎてどのあたりが面白なのか不明。



CIMG6650.jpg

パールロードは俺の写真が多い。



CIMG6658.jpg



CIMG6659.jpg

断崖にある安乗埼。



CIMG6684.jpg



CIMG6674.jpg

初期の安乗埼灯台の復元版とともに。

俺…なかなか小さいんだな。




ワニくんとゆく。-1


俺が放り込まれた暗い空間は女のカバンの中であった。

女は俺を乗せて走り出した。

俺が察するに初めての一人旅で被写体がない女。

そこで俺を被写体にして旅をしようと考えついた、といったところか。







しばらく暗い空間にいたが、突然明るい景色へと変わる。

どうやら目的地に着いたらしい。

女は俺を碑のところに置いては写真を撮る。

ここは伊勢志摩スカイラインというところらしい。


CIMG6602.jpg



CIMG6617.jpg



CIMG6622.jpg


岩をかじらされる。

CIMG6623.jpg



CIMG6629.jpg


朝の7時から営業しているスカイラインに7時ジャストに着くように行ったものだから完璧なる貸切。

貸切をいいことに女は俺の写真を撮りまくっていた。



ワニくんとゆく。 プロローグ


さて、昨日登場したワニくん。

私が普通に説明しても良いのですが
面白くないので急きょ彼にキャラを設定し
彼からの説明で進行しようと思います。





これから話す物語は2011年のお話。



DSC07131.jpg

「俺、ワニのワニくん。
 声はディズニーのドナルドの声をかすれさせたまま低くさせた感じ。
 とりあえずなれそめから話そうか。 
 
 この女との出会いは数年前になる。
 俺は熱川バナナワニ園にいたんだが
 ある日、女がやってきて俺をわしづかみにしてこう言ったんだ。
 "このワニ爆笑しててかわいい-"と。」








DSC07129.jpg

「おい、女。俺の顔をよく見ろ。
 口こそ大きく開けて目もはしゃいでるように見えるがほっぺを見ろ!!
 俺は涙を流しているんだ!!!!!」







DSC07128.jpg

「泣いていることも知らず
 爆笑しているワニを買ったと思っている女はしばらく自室の一角に俺を飾っていた。
 しかし、とある日やっと女は気づいた。
 "あれ??このワニ、両ほほから涙流してる"
 

 …おい女、俺を買ってからどれだけ経ってから気づいてんだよ!!
 俺は最初から爆笑なんてしてないぞ!!
 と心の底からツッコみたくなった。 
 
 しかし女はそんな俺に構わず、またしても購入時のようにわしづかみにし
 暗い暗い空間へと放り投げた。

 …どうなる俺?!」




思い込み。


わたくし、カタカナはとてもとても苦手でして。

カタカナが並んでいると片言になる上に間違えるという痛いところがあります。

さて、九州で見かけたこの牛乳。

なに牛乳と読みますか??





P1032684.jpg



…言われなくてもわかりますが「デーリィ」ですね。

さて私はこの写真を見返すまでずっと「デニリィ」と読んでいましたし
友人にも嬉しそうに
「この牛乳、ご当地ものだよ!! デニリィ牛乳なんて群馬で見ないよね??」
「デニリィの二のところ、顔になってるよ!!凝ってるねェ。」と話しました。


…凝ってるのは私の思考回路だった。



だれも指摘してくれる方はおらず、本日までデニリィ牛乳だと思っていたデーリィ牛乳。

デーリィ牛乳、申し訳ない。


こんな少ないカタカナさえ正しく読めない自分に少しイラっとした。笑








…というか、デニリィってどんな意味だよ。笑


冬休み弾丸ツアー。


旅行へ行くことは決まっていた。

日程ギリギリの弾丸ツアー。

29日に、北海道へ行くのか本土最南端へ行くのか話し合った結果
北海道の真冬の寒さに人間も車も耐えられないのではないのかとの結論に達し
九州の佐多岬に向けて出発した元旦の夜。

約3500キロの旅。

眠くなったら運転交換のノンストップ旅。


本家のルールでは1人以上の旅はカウントしないのでこちらにて写真だけでも。


P1032626.jpg



P1042712.jpg



P1032612.jpg



P1042781.jpg



P1032577.jpg



朝、天気が悪く昼過ぎから晴れてきていた九州。

いつかは自分の車で訪れたい本土最南端、佐多岬。



写真ギャラリー。 -長野県-



CIMG2482.jpg



CIMG2889.jpg



CIMG2840.jpg



CIMG8726.jpg

写真ギャラリー。 -愛知県-


CIMG6321.jpg



CIMG6271.jpg



CIMG6126.jpg



CIMG6098.jpg




プロフィール

*BLUEay*

Author:*BLUEay*
趣味は
旅行

カメラ
です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR